アナタが借りようとしている金額は年収の3分の1以上ですか?

消費者金融の審査に通る方法を考える上で避けて通れないのが「総量規制」の問題です。

総量規制というのは、消費者金融やクレジットカードなどに適用され、大まかにいうと「年収の3分の1以上の金額を借りることはできない」という法律です。

法律なので当然、皆が守らなければいけません。まあ、中には例外もありますが、基本的には消費者金融で年収の3分の1以上の金額を借りることはできないと考えてもらって構いません。

なので、例えばアナタの年収が300万円だとしたら、消費者金融から120万円を借りることはできないということです。

これは審査に通る、通らない以前の問題なのでよく覚えておいてください。

ちなみにこの総量規制は、他の消費者金融で借りた金額も合算されることに注意しましょう。

先ほどの例でいうと、プロミスに40万借りていたら、アコムから80万円借りることはできないということです。プロミスで借りていなかったら、アコムから80万円借りれることができますよね。

もちろんこれは消費者金融だけでなく、他の信販系キャッシングやクレジットカードのキャッシング枠(一般的に使うショッピング枠ではない)でも同じように合算されますので、注意してください。

じゃあ、年収の3分の1以上のお金を借りたい場合はどうすればいいのか、疑問がわきますよね?

それには「銀行カードローン」が対応してくれるんです!

銀行カードローンは消費者金融などの「貸金業法」ではなく「銀行法」に基づいて運営されていますので、総量規制の対象外になるのです!

だから、メガバンクが運営している「みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン」などはもちろん、ネット銀行でお馴染みの「楽天銀行スーパーローン、住信SBIネット銀行カードローン」なとも総量規制の対象外になります。

ですので、結論としては年収の3分の1以下の融資を希望なら、即日融資も可能で審査も期待できる消費者金融から審査に挑戦し、年収の3分の1以上のまとまった金額が必要な場合は、総量規制の対象外である銀行カードローンを狙うのがいいでしょう。

どちらもメリット、デメリットがありますので、上手く使いこなしていきたいですね。